LUMEX Seriesとは?

LUMEX Seriesとは?

想像を超える創造力

2002年、マツウラが世界に先駆け開発した”ハイブリッド金属3Dプリンタ”
レーザ焼結技術と高精度切削加工技術、その高度な融合が、
これまでにない、”モノづくり”の新たな地平を拓きます。

金属加工の革命

Revolution in Metal Processing

積層した金属粉末をレーザ照射で焼結する金属光造形。エンドミルによる高速・高精度切削。
これらを繰り返しワンマシン・ワンプロセスで造形を行います。
ハイブリッド技術により、従来の3D金属プリンタでは得られなかった、マシニングセンタと同等の高い加工精度、面粗度を実現しました。

高速化への対応

High-Speed Operation

高出力レーザの採用、ガルバノ制御・造形条件の最適化、スキージング動作の見直し等により造形速度アップ。500Wレーザの場合、最新仕様では16cc/h*、1kWレーザの場合、35cc/h*を達成しました。
切削加工前粉末吸引機能、LUMEX CAM との連携による最適パス生成により、加工時間も大幅に短縮。焼結、加工の両面から総合的に加工時間短縮を実現しました。

※マツウラマルエージングⅡの結果であり、粉末の材種・造形形状・サイズにより効果は異なります。

既成概念からの解放

Redefining the Manufacturing Processes

LUMEX では、部品点数の多いワークを一体化したニア・ネット・シェイプや、複雑な内部構造を持つ3次元造形物、中空・3Dメッシュ、自由曲面を有する造形物の一体化も可能。
また、マシニングセンタでは不可能であった、深リブ加工も放電加工レスで対応可能です。
その高い造形技術に金型産業だけでなく、航空機や医療分野などからも熱い注目を集めています。

金属光造形と高速切削加工によるハイブリッド造形

金属光造形とエンドミルによる高速・高精度切削加工を繰り返しながら造形。深リブも放電加工レス、ワンプロセスで加工。
マシニングセンタでの加工と同等レベルの寸法・精度・面粗度を実現します。

1.Squeezing : スキージング

テーブル上に設置したベースプレート上に、材料となる金属粉末を積層※します。

※マツウラマルエージングⅡの場合、500Wは0.05mm厚、1kWは0.1mm厚

2.Laser Sintering : レーザ焼結

レーザーを照射、金属粉末を製品形状に焼結させ造形・加工テーブルに接合。
焼結が終わるとスキージングにより次層となる金属粉末材料を供給。レーザで焼結させ積層していきます。
1と2を10回繰り返した時点で、切削加工に移ります。

3.High Speed Cutting : 高速切削加工

ボールエンドミルによって造形物の輪郭を高速・精密に切削、仕上げします。
すべての造形が終わった後に切削仕上げするのではなく、造形と切削仕上げの繰り返しにより、どのような複雑な形状であっても、下層から上層に向かって構築していけます。

造形動画(金属光造形複合加工とは?)

LUMEX ソリューション

金型製作

3次元冷却水管や深リブ加工など、複雑な形状を一台で。

部品加工

高速化・大型化を実現。 従来工法では不可能だった部品の内部ラティス構造化を可能に。

対応金属リスト

金属粉末材料

JIS

(相当品)

マツウラマルエージング -
(18Ni300)
NEW!マツウラマルエージングコバルトフリー -
マツウラステンレス 316L SUS316L
マツウラステンレス 630 SUS630
マツウラチタン 6Al4V TAB6400
(Ti6Al4V)
マツウラコバルトクロム T7402
マツウラニッケルアロイ718 H4553
マツウラアルミニウム Si10Mg AC4A
(AlSi10Mg)

※チタン・アルミ系粉末を使用する場合は必ず使用条件について事前に担当営業へご照会ください。

※発注単位10kg

※機械の仕様については、予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

※指定の材料以外は使用できません。材料は松浦機械製作所よりご購入ください。

※指定材料については追加変更になっている場合がありますので、最新情報は別途お問い合せください。

CONTACT

Page TOP